コーヒーメーカーの種類を徹底比較

「コーヒーメーカー」と言っても、いろいろな種類があり、どれを選べばよいか悩む人は決して少なくないでしょう。ここでは、コーヒーメーカーの種類を説明しながら、あなたの生活スタイルにどの種類がぴったりなのか比較してもらえればと思います。


まずコーヒーメーカーには、大きく3つの分類があります。

ドリップ式・カプセル式・エスプレッソマシンの3つがあります。


まず最初に「ドリップ式」についてご紹介します。

挽いた豆や、粉末のコーヒーをセットし、お湯を注いぎコーヒーをドリップするものです。



おそらく皆さんがコーヒーメーカーと聞いて思い浮かぶのが、この種類だと思います。

豆から挽いたコーヒーを楽しみたいという方にはピッタリです。

Yahoo!ニュースについて詳しく説明しています。

2つ目に「カプセル式」についてご紹介します。
これはコーヒー豆からつくるのではなく、専用のカプセルを機械にセットし、コーヒーを抽出します。

作業はとても簡単で片付けもほとんどいらず、1人分のコーヒーを楽々作れます。

コーヒー豆を挽くのは面倒だけど、インスタントコーヒーでは物足りない人にピッタリです。ドリップ式とカプセル式を比較すると、コーヒー豆を使ってコーヒーを作るか作らないかに違いがあります。

3つ目は「エスプレッソマシン」です。

法人タブレットについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

ドリップ式とカプセル式と比較すると少し用途が違うかもしれませんが、これは名前の通り、エスプレッソコーヒーを作る専用の機械です。

コーヒー豆を細かく挽き、圧力をかけて濃厚なコーヒーを抽出します。
機械は高価でありかつスペースを結構とるので、エスプレッソコーヒーが好きな人向けです。